自分に合った仕事を見つけるための3つの視点

3のポーズをするビジネスウーマン

「自分に合った仕事がしたい」

「自分に合った仕事を見つけたい」

「これまでにも何回も転職を繰り返しているけれど、なかなか長続きしない。」

初めは自分に合った仕事だと思い、やる気も十分。

やる気満々で、その仕事に取り組んでみたものの、いつしか興味が持てなくなってしまう。

やがて、別の仕事に興味が湧いてきて、ついには、その仕事に就くために、転職をしてしまう。

そのくり返し。。。

「そろそろ、じっくりと一つにことに取り組みたい」

「今の仕事が合わない」

「今の仕事よりもっと自分に合った仕事に就きたい」

という悩みをご相談に来られる方はとても多いです。

「あなた」に合った仕事を見つけるためには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

それは、

 

 

 

 

 

3つの視点「Will」「Can」「Must」

です。

この3つの視点が「あなた」に合った仕事を見つけるために必要な視点です。

自分に合った仕事を見つける3つの視点「Will」「Can」「Must」

3つの視点「Will」「Can」「Must」とは、

  • 「Will(やりたいこと)」
  • 「Can(できること)」
  • 「Must(するべきこと)」

のことで、自分に合った仕事を見つけるために必要な3つの視点です。

この3つの視点で「あなた」に合った仕事を見つけることができます。

Will(やりたいこと)

「やりたいこと」や「なりたい理想の自分」を考える視点です。

「自分は何がやりたいのか?」、「どんな自分になりたいのか?」、「どんな人生を送りたいのか?」など、あなた」に合った仕事を見つけるためには、最も大切な視点になります、

「でも、そんなこと言われても、自分にはWill(やりたいこと)なんて、はっきりと分からないよー」
と思う方も多いと思います。

今の仕事で忙しくて、「将来のこと」や「なりたい自分」なんて考える余裕がないこともありますよね。

特に、変化の激しい現代では、5年先、10年先どころか、来年どうなっていたいかも分からないと言う方も多くいると思います。

大丈夫です。

まったく問題ありません。

今は明確に「Will(やりたいこと)」を思い描けていなくても、「自分のWillって何だろうな?」と、少し立ち止まって考えること、それ自体がとても大切なことなのです。

確かに先の将来のことが分からないかもしれませんが、現時点での「Will(やりたいこと)」をぼんやりでもいいから考えてみてください。

間違っていてもいいのです。

後で修正してもOKですから。

ぼんやりでも、不確かでも、「Will(やりたいこと)」を考えてみる。

焦らなくても大丈夫です。

すこし立ち止まって、じっくりと考えてみましょう。

これが、自分に合った仕事を見つけるためには大切なポイントであり、最初のステップです。

Can (できること)

「自分が得意なこと」を考える視点です。

面接などで「あなたは何が得意ですか?」、「何ができますか?」、「どんなスキルをもっていますか?」と質問されていることです。

この質問に迷うことなく「○○です!」と答えることができる人は少ないと思います。

なかなか自信をもって答えづらいですよね。

「Can(できること)」を見つめなおすコツは「自分ではたいしたことないと思うのに、なぜか褒められることが多いこと」を見つけることです。

または、あなたが周囲の人から「ありがとう」と言われることが多い事柄です。

ちょっと意識してみると、自分ではたいしたことないと思うのに、他の人から見ると、とても強みだと思われていることが多いです。

自分ではたいしたことないと思っていて、普段から当たり前にできてしまうことなので、なかなか自分一人では気づきにくいかもしれません。

これまでに相談に来られた方も「自分には1つもCan(できること)がない」と言っていた方も、カウンセリング中に、いくつも見つかったケースがたくさんあります。

自分一人ではなく、信頼できる人に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

「Can(できること)」を見つける際に気を付けなければいけないことは、「Can(できること)」は「好きなこと」「興味関心があること」とは限らない、ということ。

自分が「好きなこと」「興味関心があること」を、「自分ができること(Can)」と勘違いしてしまうケースがとても多いです。

また、自分が好きなこと興味関心があったことは、時間が経つと変わってしまうことが多いです。

ちなみに3年前に好きだったこと、興味関心があったことが何だったか思い出してみてください。

それは今も同じ内容でしょうか?

きっと違う人が多いのではないでしょうか?

または、そもそも3年前に自分が好きだったこと、興味関心があったことを思い出せないことも多いのではないでしょうか?

このように、自分が「好きなこと」「興味関心があること」という不確かな基準で、転職活動を行ってしまうと、その活動中にもその基準(自分が「好きなこと」「興味関心があること」)がブレてしまったり、または入社後に変わってしまい、その仕事を長続きすることが難しくなります。

転職を繰り返すことの原因の1つになる可能性が高いです。

Must(するべきこと)

「会社でやらなければならないこと」、「会社から期待されること」、「会社から求められていること」の視点です。

「自分がやりたい、やりたくない」や「好き、嫌い」、「得意、不得意」に関わらず、仕事としてやるべきことです。

転職活動においては「求人票」に記載されている「業務内容」や、その業務を行うために必要なスキルなどが該当します。

現在の職場では、会社や上司からの指示などがイメージしやすいかもしれませんね。

自分に合った仕事は、「Will」「Can」「Must」が重なったところ

自分に合った仕事は、「Will(やりたいこと)」と「Can(できること)」と「Must(するべきこと)」が重なっているところだと言えます。

3つの視点「Will」「Can」「Must」
3つの視点「Will」「Can」「Must」

ところが、自分に合った仕事を探せない方の多くは、「Will(やりたいこと)」や「Can(できること)」を不明確なまま(転職活動の軸を決めないまま)、転職活動を進めてしまうケースが多いです。

そのため、求人票に記載されている業務内容(Must)と「Can(できること)」に合致していなくて、なかなか採用にいたらなかったりします。

また、無事に採用となり、新たな職場でスタートしても、「Will(やりたいこと)」と合致していなくて、すぐに「何かが違う」と感じ始めてしまうケースが多いです。

「あなた」に合った仕事を見つけるために、まず「Will」と「Can」を整理しましょう。

そこで、「あなた」に合った仕事を見つけるために、まず「Will(やりたいこと)」と「Can(できること)」をしっかりと整理しておくことをお勧めいたします。

これまで「Will」(「やりたいこと」や「なりたい理想の自分」など)を考える機会がなかったと言う方は、ぜひ考えてみましょう。

実は今の職場で実現できることが多いことにも気付けるかもしれません。

また、「Can(できること)」を整理することで、これまで、「あなた」には当たり前にできてしまって意識できていなかった「あなた」のスキルに気付けるチャンスかもしれません。

自分一人ではうまく整理できないときは・・・・

「あなた」に合った仕事を見つける3つの視点「Will」「Can」「Must」についてお伝えしました。

3つの視点のそれぞれの視点「Will」や「Can」、「Must」については理解できるけれども、いざ自分一人で取り組むと、「これで合っているのかな?」、「ぜんぜんWillが思いつかない」、「これってCanと言えるのかな?」などと分からなくなったり、迷ったりすることも出てくるかもしれません。

そういった場合は、「最後の適職カウンセリング」にご相談ください。
ご予約はこちらまで
☞ https://yukihatori.com/price-reserve/

ぜひ、一緒に「あなた」の「Will(やりたいこと)」と「Can(できること)」をじっくりと見つけてまいりましょう。

「あなた」に合った仕事を見つけるのに少しでもお役に立てたら嬉しいです。